2014年12月アーカイブ

近頃の車買取業者は、アプリを用いて査定を行っているケースが非常に多いと言われています。それを用いて車を見る方は、効率的に査定額を算出できる事が多いからです。

ただそのアプリも、色々な業者から提供されているようですね。そして、アプリを利用するためには料金も発生します。
お金がかかるとなると、やはりそれに注目をする担当者の方々も多いのではないでしょうか。会社としては、なるべくコストを抑えたいと考えている事が多いからです。

しかし車査定のためのアプリは、料金だけでは判断できない一面があります。やはり使いやすいかどうかが、一番大事なポイントだと思うのです。

ここで言う使いやすさというのは、操作方法に関する点ですね。やはりアプリというのは、操作性が良いのに越した事はありません。できるだけスムーズに操作できるアプリの方が、車の査定士としても使いやすいのではないでしょうか。

ただ正直最初の内は、そのアプリを使いこなすまでにかなり苦戦をするとも思います。現に私たちは、初めてスマートフォンに触れた時にもかなり苦戦をしたと思います。タップやスライドなどの特殊な操作を行うためには、少々熟練が必要だったと思いますね。その高度なスマートフォンを用いてのアプリですので、やはり完全に使いこなせるようになるまでには多少時間を要すると思うのです。

それだけに、アプリを提供している会社のサポート体制も大事だと思います。思えば私たちは、パソコンの操作をする際にも誰かのサポートを受ける事がありますね。車査定のためのアプリも、それは同様なのです。そのサポート体制が充実している会社のアプリを選ぶのが、車査定のためには大事だと考えます。車査定アプリの値段も大事ですが、操作性とサポート体制も大切という訳ですね。

人々がオークションで車を売る事を検討している際には、心配をしている事があります。心配している内容は人それぞれですが、その中の1つはクレームです。

例えばAさんがBさんに対して、Cという車を売却したとします。このような時には、BさんからAさんに対してクレームが発生するケースが稀に有るのです。

なぜクレームが起きるかというと、もちろんCの不具合の問題です。落札をする段階ではCには何も不具合が見当たらなかったとしても、いざBさんがCを使った時には何かの不具合が見つかる事がある訳です。するとCさんとしては、ちょっと損をしたような気持ちになってしまうでしょう。それでクレームが発生してしまう事を、心配している方もいらっしゃる訳ですね。

車に限らず、オークションではこのようなクレームはたまに有るそうです。宝石やパソコンや洋服など、ジャンルを問わずクレームが発生する可能性はあります。そこがオークションの難しいところですね。

しかしこのクレームに関しては、商品説明文に対する工夫1つで防止できる可能性もあります。ヤフオクなどを見てみると、たまにノークレームでお願いしますなどと記載されている場合があります。つまり「クレームを起こさない事を条件に」落札をお願いするという意味ですね。
その文言が書いてある商品を落札した時には、「クレームを起こしません」と同意した事になります。書き方1つで、クレームを防止できる可能性がある訳ですね。

このようにオークションで車を売る際には、商品説明文の書き方1つで後々のトラブルを防止できる可能性がある訳です。ですのでオークションに車を出品する際には、商品説明文の書き方をよく学んでおくのが大事かと思います。

カテゴリ

ウェブページ

アーカイブ