オークションでの車売却でクレーム防止の為の書き方

| コメント(0) | トラックバック(0)

人々がオークションで車を売る事を検討している際には、心配をしている事があります。心配している内容は人それぞれですが、その中の1つはクレームです。

例えばAさんがBさんに対して、Cという車を売却したとします。このような時には、BさんからAさんに対してクレームが発生するケースが稀に有るのです。

なぜクレームが起きるかというと、もちろんCの不具合の問題です。落札をする段階ではCには何も不具合が見当たらなかったとしても、いざBさんがCを使った時には何かの不具合が見つかる事がある訳です。するとCさんとしては、ちょっと損をしたような気持ちになってしまうでしょう。それでクレームが発生してしまう事を、心配している方もいらっしゃる訳ですね。

車に限らず、オークションではこのようなクレームはたまに有るそうです。宝石やパソコンや洋服など、ジャンルを問わずクレームが発生する可能性はあります。そこがオークションの難しいところですね。

しかしこのクレームに関しては、商品説明文に対する工夫1つで防止できる可能性もあります。ヤフオクなどを見てみると、たまにノークレームでお願いしますなどと記載されている場合があります。つまり「クレームを起こさない事を条件に」落札をお願いするという意味ですね。
その文言が書いてある商品を落札した時には、「クレームを起こしません」と同意した事になります。書き方1つで、クレームを防止できる可能性がある訳ですね。

このようにオークションで車を売る際には、商品説明文の書き方1つで後々のトラブルを防止できる可能性がある訳です。ですのでオークションに車を出品する際には、商品説明文の書き方をよく学んでおくのが大事かと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://westedmontonrestaurants.com/mt-tb.cgi/9

コメントする